便秘と生活習慣

便秘と生活習慣はとても深い関係があり便秘を解消して行くためには生活を見直して行くことが重要です。まず気をつけるべきことが食生活の乱れです。やはり3食バランスの整った食事をきちんと食べることは便秘解消に重要です。食事量が減ると食事で体内に取り込む水分や食物繊維が減少し、排便を促す効果が落ちてしまいます。最近では朝を抜いたり無理なダイエットで食事制限をしている人も多いですし、食事も洋食が増えて日常的に野菜不足となっていることが多いのです。豆類や食物繊維、水分というのは食物繊維が含まれており腸の動きが活発になる効果があります。

また、便秘の原因として運動不足もあります。腹筋が弱くなると大腸が便を排出する力が弱くなってしまい便秘の原因となります。腹筋となると筋肉をつけることばかりに目がいきますがそれ以外にも水泳やヨガ、ウォーキングのような有酸素運動を行うことでも改善ができます。

ストレスが溜まることも便秘につながります。ストレスが溜まってくると自律神経の動きが鈍ってきてしまい小腸と大腸の動きも同じように鈍ってしまいます。ストレスを溜めないように上手に発散することが重要です。他にも冷えを解消するために温かいものを飲んだり湯船に浸かったりすること、排便のタイミングを逃さないことも重要です。